グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

ひとりひとりの自己研鑽が、より良い都有建築物をつくる。 川辺 真未 財務局 建築保全部 施設整備第二課 2012年入都 理工学部 建築学科

入都動機・きっかけ

学生時代は、建築学科で建築設計などについて広く学び、大学院では都市計画系の研究室に所属し、景観まちづくりや住民の合意形成プロセスなどを研究していました。その中で、まちづくりを実現する大きな後押しとして、上位計画や行政の推進する施策、補助金制度があることを知り、自分も公務員の立場から、より良いまちづくりに貢献していきたいと思うようになりました。その中でも都庁は、日本を牽引する首都公務員として、先進的な取り組みができると思い、志望しました。

今の部署の仕事について

現在は、主に都立学校に関わる改築や改修などの施設整備・維持保全を行っています。決まった工期とコストの中で、都有建築物としての品質を確保し、計画を実現させるのが私のミッションです。受注者と共に「生徒が喜ぶような良い学校を作り上げよう」という心持ちで業務に励んでいるため、だんだんと図面ができあがったり、建物が立ち上がったりするのを見ると、やりがいを感じます。

学習しようと思った背景/利用した制度について

入都してすぐに建築指導業務に携わり、日々の業務の中で一級建築士などの設計者に指導する役割を担っていました。そのため、指導する立場として早急に知識を習得する必要がありました。設計者と対等な立場になりたいとも考えていましたから、受験に必要な実務経験二年を経てすぐに、一級建築士の資格を取得しました。私の場合、受験する年に異動があり、慣れない業務の中で学習時間を確保するのに苦労しましたが、局研修での外部資格学校による授業・模擬試験や、上司・同僚の協力のおかげで、集中して学習に励むことができました。また、都庁には資格取得支援制度が用意されており、合格すると一定程度の助成金を受けることができるので、モチベーションと安心感を持って受験に臨むことができました。

日々の業務に活かせていること

一級建築士で学習する内容は、建築職としての基礎的な知識です。当時の業務であった建築意匠のみならず、構造・設備などについても広く学習することで、設計者への的確な指導と、課内の連携による円滑な業務遂行に活かすことができたと思います。また、現在の業務においても、施工の知識を中心に、受注者との打合せの中で現場の進行状況の把握や工事安全性の確保に役立っています。今後も、資格取得で学習した内容を礎に、業務経験をふまえ、さらなる自己研鑽に努めていきたいと思います。

働いていて実感すること

都庁の建築職として働いていると、東京のまちづくりの一端を担っていることを実感します。目の前の仕事が小さなことであっても、自分の担当の業務がどのような位置づけなのか、どのような影響を与えるのか、常に意識しながら仕事をすることが大切だと思っています。これまで建築行政で法令、営繕で現場に携わってきたので、今後はそこで得た知識を活かしながら、都市計画分野の立場から「世界一の都市・東京」のまちづくりに携わっていきたいと思います。さまざまな角度からまちづくりに携わることができるのも、都庁の仕事の魅力だと感じています。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2012年
入都
都市整備局 多摩建築指導事務所 建築指導第二課 指導第一係
多摩地域における建築物の建築指導業務
2014年
都市整備局 市街地建築部 建築指導課
23区内10000㎡超・島しょ地域における建築物の建築指導業務
2016年
財務局 建築保全部 施設整備第二課
都立高校・特別支援学校の営繕業務

職員紹介のトップに戻る