グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

信念と情熱をもち人と人をつなぎ東京の魅力を高める 谷内 加寿子 家政学部 住居学科 1995年入都 家政学部 住居学科

入都動機・きっかけ

学生時代は、設計事務所に就職したいと考えていた時期もありましたが、就職活動などを通していろいろな分野の方のお話を伺いながら今後の生き方について自問自答の末、まちづくりに幅広く関わることのできる都庁を選びました。最初の配属が、みんなで力を合わせていい仕事をしようという活気にあふれた職場で、尊敬する先輩方にも巡り合うことができ、「自分もここ(行政の立場)で一緒に頑張っていきたい!」と思いを固めたことを今でも大切にしています。

今の部署の仕事について

大地震から都民の生命・財産や首都機能を守り、また、国際都市としての信用確保に向けて、燃えない燃え広がらない安全なまちとするための取組を進めています。東日本大震災後、すぐに立ち上げた「木密地域不燃化10年プロジェクト」では、都市づくりと税制度を所管する都庁の強みを活かし、建物の取り壊し費用の全額助成と固定資産税などの減免制度を組み合わせる独自の支援策により、区と老朽建物の除却や建替えの加速を図っています。しかし、資金面、高齢化、借地権、接道不良など課題は山積しており、まだまだ取組が必要なことも事実です。現場の最前線の区をはじめ、国、関係団体、民間、学識経験者や関係局など多くの方々の声に耳を傾け、みんなで知恵を出し合い、実現に向けて行動することをモットーに、地道に建替えや道路整備に取り組んでいます。

管理職を志すきっかけ

再開発事業や交通基盤整備など、東京はダイナミックな動きにあふれています。行政だけではなく、住民や専門家、民間企業など多くの方々と関わった経験を活かし、責任ある立場で東京の都市づくりに貢献し、仲間とともに活力と魅力に満ちた都市を将来に引き継いでいきたいと考え、管理職を志望しました。また、困難な場面に遭遇した時でも、冷静に明るく組織の力を結集し、道を切り拓いていく上司の姿にも大きな影響を受けました。

管理職の仕事

組織の業務目標を達成するには、一人ひとりの能力向上に加え、力を発揮しやすい環境を整え、一丸となって取り組んでいくことが重要です。当課では、各担当者が現場の最前線で取り組んでいる区役所の方ととともに知恵を出し、汗をかき、現場感覚を大切にしながら、不燃化のさらなる加速に取り組んでいます。人によって経験や性格などに違いがあるため、各担当者と相談しながら多少高めの目標を設定し、時折、進捗状況の確認やアドバイスなども行い、組織全体のレベルアップにつなげるよう心掛けています。職員が楽しさを感じ、意欲的に仕事に取り組む姿を目にした時、あるいは課の総力を挙げた取組で想定を超える成果が得られた時などは、とても嬉しく感動します。

管理職になって実感すること

景観担当課長の時に、歴史的建造物の維持・保存を支援することの重要性をPRするため、建造物でのコンサートを初めて企画したことがあります。協賛企業探しや集客、会場運営など、試行錯誤を繰り返しながら、多くの協力を得て実現し、その後の定期的な実施につなげました。都庁は、新しいことに自由な発想をもってチャレンジすることを後押しする組織風土があります。東京都を、世界中の人が交流する都市に、新たな価値を創造する都市に進化させていくために柔軟な発想と行動で道を切り拓いていく、都庁職員の使命と管理職としての醍醐味は計り知れません。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

1995年
入都
住宅局 南部住宅建設事務所 計画課
都営住宅建替えに関する計画、市役所との調整、近隣住民折衝
1997年
住宅局 開発調整部 民間住宅課
分譲マンション施策に関する新組織と事業の立ち上げ
2000年
建設局 第一再開発事務所 事業第二課
都施行再開発事業の管理処分計画の作成、住民折衝
2002年
建設局 再開発部 再開発課
都施行再開発に係る企画、事務所や国との調整
2003年
住宅局 住宅経営部 総合計画課
都営住宅と分譲店舗の建替えに関する企画、民間企業や権利者との調整
2006年
都市整備局 都市づくり政策部 土地利用計画課
用途地域などに関する区市町村や国との調整
管理職選考(B合格)
2010年
都市整備局 市街地建築部 建築企画課
緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に関する条例の企画・調整、折衝
2012年
都市整備局 西部住宅建設事務所 計画課長
都営住宅建替えに関する計画、区・市役所との調整、住民折衝
2013年
都市整備局 都市づくり政策部 景観担当課長
良好な景観形成に向けた企画・調整、民間事業者との協議、審議会の運営
歴史的建造物の保存などに向けた企画・調整
2015年
都市整備局 市街地整備部 防災都市づくり課長
木密地域の改善など防災都市づくりに関する企画、調整、審議会の運営

職員紹介のトップに戻る