グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

より良い医療を提供する! 木村圭子 病院経営本部 総務課 【事務】 2011年入都 社会学部 社会学科

入都のきっかけ

私は就職活動を行うにあたって、「子供の教育・福祉に関わる」という視点と「日本の国際化に関わる」という視点のどちらを重視するか迷っており、公務員であればそのどちらにも携わる機会があるのではないかと考え志望しました。その中でも東京都に決めたのは、国に先駆けた施策を数多く行っていること、国際都市としての知名度が高いこと、首都東京として他の自治体ではなかなか経験できない事業に携わる機会があることに魅力を感じたことが理由です。

今の部署の仕事について

総務課経営企画係は、都立病院の今後の医療機能や事業の方向性について、各種計画を策定し、事業を推進することが主な仕事です。私は、都立病院の国際化に係る業務を担当しています。現在は東京2020大会開催に向け、都立病院における外国人患者受入対応の向上を図っていくための計画策定と取組を行っています。関係局等の協力をいただきながら、国や他局で進めている国際化に関わる事業の情報収集や、各都立病院・民間病院の現状把握、会議等で使用する資料・データの作成をしています。局を横断した事業にも多く関わるので、病院経営本部の事業が、東京都全体の事業において、どのような立ち位置かを実感することができます。

仕事をする上で大事にしていること

各業務のスケジュールを意識するよう心掛けています。いくつかの業務を同時並行で進めているので、それぞれの業務にかかる業務量及び期限を意識し、適宜優先順位を付けながら仕事を進める必要があるからです。また、業務上一人でできることには限界があり、多くの方の協力が必要となってきます。できるだけ相手の方の負担にならないよう、自身でできることと、協力をお願いする必要があることを可能な限り早く判断し、動くように心がけています。

職員紹介のトップに戻る