グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

快適な水環境を創造する 佐藤大祐 下水道局 建設部 設備設計課 【電気】 2008年入都 理工学部 システムデザイン工学科

入都のきっかけ

就職活動をする中で、より住民に近い立場で社会に貢献でき、学生時代に学んだ電気工学の知識を活用できる仕事に取り組みたいと考えたのが、公務員を志したきっかけです。そして東京都では、事務職だけではなく技術職としても、上下水道や環境などの幅広い分野において活躍できるフィールドがあることを知りました。特に、地球温暖化対策や環境改善など、全国的にみても先進的な事業が多く、その中で社会に貢献できることを期待して東京都への就職を決めました。

今の部署の仕事について

建設部では、下水道事業で必要となる下水道管や水再生センター、ポンプ所といった施設の、建設工事を計画し設計・施工管理を行っています。
家庭から排水される汚水や雨水は、下水道管を経由して水再生センターやポンプ所に集められ、きれいな水に処理して河川や海に放流します。下水道施設は24時間、365日安定して稼働させ、かつ万全に機能を発揮させなければなりません。そのため、設備の再構築(更新)による老朽化対策や耐震化などの機能向上をはじめ、より高度な水処理に必要な施設・設備の新設などを行うことが必要不可欠です。特に私が担当する電気設備の設計に当たっては、受変電設備ばかりではなく省エネやITに関する最新の技術動向を把握しながら、電気設備の信頼性や高効率を確保するための性能計算等を検討の上、仕様書や図面等を作成します。

仕事をする上で大事にしていること

私は、どのような業務に対しても常に好奇心や探究心をもって取り組むことを大切にしています。技術職員として社会に貢献していくためには、常に技術の最新動向を把握することや、知識を習得し、成長する姿勢が不可欠です。そのために私は仕事の面で、あらゆる業務に対し積極的に挑戦し、課題を見つけ解決策を検討することを心掛けています。また、自己啓発として業務に関連しそうな技術士や、電気主任技術者などの資格の習得を目指し、資格試験の勉強にも取り組んでいます。

職員紹介のトップに戻る