グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

魅力あふれるインフラ整備を支える 竹隈 絵里 建設局 道路管理部 保全課【土木】2011年入都 工学部社会デザイン工学科

入都のきっかけ

変化していくまちの様子を目にするたび、人にも環境にも配慮した工事をするには「土木の知識」が必要だと感じ、大学で土木を専攻しました。公務員を志望したのは、土木の知識を活かして、「まち」をつくるという仕事に携わりたいと考えたからです。地方出身者である私から見て、都庁は多種・多様なニーズに対応するための先進的な取組を数多く実施しており、そんな東京のまちづくりに貢献したいと思い入都を決めました。

今の部署の仕事について

道路管理部保全課の役割は、東京都の道路を常に良好な状態に維持し、管理することです。私が所属する橋梁保全係は、橋梁の点検・調査、調査を踏まえた橋梁の維持・補修、橋梁に関する広報などを行っています。また、著名橋や幹線道路の橋梁などを対象に、将来の損傷状況を予測し、最新の技術を用いた対策を実施することにより、耐久性や安全性を確保する長寿命化事業を先駆的に実施しています。私の担当業務としては、各建設事務所の執行管理、橋梁の維持に関する予算管理、橋梁に関する広報などが主となります。事業の執行・予算管理では、とても大きな金額を扱うため、常に責任感を持って取り組むとともに、その場に即した臨機応変な対応ができるよう努めています。また、橋梁に関する広報活動の一環で、隅田川橋梁を都民にご案内する際には、わかりやすく親しみのもてる説明を心がけ、感謝の言葉を直接いただいたときは、大きなやりがいを感じます。

学生時代の専攻や勉強をどう活かしているか

私が所属する建設局は「現場」を持つ部署であるため、実際に現場に行き、自分の目で見たこと、聞いたこと、触れて感じたことなどが、仕事を進めていくうえでの大きな糧となっています。これら日常業務で習得する知識や経験の「ベース」として、学生時代に学んだことを活用しています。

この職種で都庁で働く魅力

土木職の魅力は、「現場」があるということです。工事の図面だけではよくわからない部分も、現場に行き、自分の目で確認することで、多くの発見があります。都庁では、スケールの大きな事業や先進的な施工方法を採用した工事など、東京2020大会に向けたさまざまなインフラ整備の現場を抱えています。また、経験豊富な上司・先輩とともに都庁で働き、多くの経験を積むことで、自分の技術者としてのスキルを上げていくことができると思います。私も、積極的に現場に行って現場を見る目を養うとともに、多くの方と対話し、いろいろな立場の視点で物事をとらえられるよう心がけたいです。移り変わる時代の中で、今後の東京の魅力あふれる発展を都庁の職員の一人として支えていければと考えています。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2011 年
入都
建設局 南多摩西部建設事務所 工事課 河川設計係
河川整備、土砂災害対策事業に関する工事・委託の積算業務、
関係機関との調整などの事務
2014 年
建設局 南多摩西部建設事務所 補修課 設計係
道路補修、橋梁整備事業などに関する工事・委託の積算業務、
関係機関との調整などの事務
2015 年
建設局 道路管理部 保全課 橋梁保全係
各建設事務所の執行管理、橋梁維持事業に関する予算管理、
橋梁に関する広報

職員紹介のトップに戻る