グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

安全に暮らせる都市づくり 中村 洋介 港湾局 東京港建設事務所 港湾整備課【土木】2011年入都 工学部環境建設学科

入都のきっかけ

学生時代から「幅広く社会に貢献したい」と考えていた私は、公務員を志望しました。就職活動を進める中で、地元である千葉県と東京都のどちらを選択するか悩みましたが、最終的には先駆的な取組が行われていて、なおかつ東京都だけでなく日本全体にも影響を与えることができるという点から、首都東京でしかできない仕事があると考え、都庁を選択しました。

今の部署の仕事について

私は、東京港内の港湾施設を設計及び施工監督する部署に所属しています。その中で、現在は大型クルーズ船対応の新たなふ頭を整備する事業に携わっています。具体的には、関係部署と調整しながら施設の仕様を決定し、経済性や施工性などを考慮して、材料や施工方法を選択していきます。また、コンサルタントを指導し、構造計算や図面などの成果も作成します。基本的にはデスクワークの割合が多いのですが、車や船を利用し、実際に現場で状況を確認することもあります。このような業務を課内の職員、他部署の職員と協力しながら行っているのですが、私自身は事業全体のスケジュールを念頭に置き、計画通りに事業が進むよう、日々の担当業務に責任を持って取り組んでいます。

学生時代の専攻や勉強をどう活かしているか

私が専攻していた分野は、今の仕事と直接的な関わりはありません。しかし、大学時代に学んだ土質力学、構造力学などの土木分野の知識は、都庁で仕事をするうえでのベースになっていると思います。ただし、大学時代に養った知識はあくまで基本的な部分だと痛感しており、入都後も日々の業務を通じて自己研鑽に努めています。

この職種で都庁で働く魅力

土木職の魅力としては、「事業規模の大きな業務に携われること」、「自分が携わった業務が目に見える形で残る」という点が挙げられると思います。実際、工事完了後に完成した施設を見ると、規模の大きさを感じるとともに大きな達成感を得ることができます。今後、自分が携わった施設の供用が開始され、実際に利用されているシーンを見ることになれば、より大きな達成感を得られるのではないでしょうか。また、他の技術職と同様に、計画から施工・維持管理まで幅広く事業に携われる点も魅力の一つだと思います。私は入都してから現在まで、現場事務所に所属しているのですが、今後は計画立案時点から事業に携わってみたいと考えています。さらには、港湾以外の道路、上下水道などの他分野にも挑戦してみたいと思っています。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2011 年
入都
港湾局 東京港管理事務所 臨海地域管理課 施設係
埋立地、海上公園などの維持補修工事に関する設計及び監督
2013 年
港湾局 東京港建設事務所 港湾整備課 港湾設計係
港湾施設(主に岸壁などの係留施設)建設工事に関する設計

職員紹介のトップに戻る