グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

子供たちの笑顔があふれる未来を創る 森下 喜紹 福祉保健局 少子社会対策部 足立児童相談所【心理】2011年入都 教育学部 総合教育科学科 教育心理学コース

入都のきっかけ

大学で心理学を専攻する中でさまざまな機関や施設に見学や実習に行く機会も多く、心理職として不安を抱える方々の支援に携わりたいと考えていました。民間の相談機関と異なり、自ら助けを求められずにいる方にも関わることのできる行政の心理職に興味を持ち、その中でも都庁は国や他自治体と比べて数多くの現場があり、心理職としてさまざまな経験を積むことができる点に強く魅力を感じ、志望しました。

今の部署の仕事について

児童心理司として児童相談所で18歳未満の子供に関する相談に応じています。児童心理司は虐待や非行(家出、盗みなど)に関する相談、知的障害に関する相談(愛の手帳の判定)を中心に携わります。相談には児童福祉司(ケースワーカー)と協力して対応しますが、児童心理司には心理的視点から子供や家族が抱える問題の原因や背景を探り、解決方法を考えていくことが求められます。子供とじっくり向き合って面接し、心理検査も活用しながら子供の能力や特性、性格傾向、心情などの理解に努めます。その中で得られた情報を整理し、子供本人や保護者、学校などの関係機関と共有し、必要な支援をあらゆる角度から検討していきます。虐待を受けて傷ついた子供の心のケアや親子関係の修復も重要な仕事の一つです。時には保護者と意見が合わないこともありますが、その子供の福祉(幸せ)のためには何が必要かを第一に考え、日々子供たちと接しています。

学生時代の専攻や勉強をどう活かしているか

心理職には意欲だけでなく、人の行動や心を客観的に理解するための技術や知識と、それを柔軟に応用していく力が求められます。もちろん実際の現場での経験の中で得られるものは大きいですが、学生時代から身につけてきた心理学の幅広い知識や心理臨床に対する基本的な姿勢はそのベースとなっていると感じます。

この職種で都庁で働く魅力

心理職は人の心という目に見えないものと対峙し、人の人生という繊細なものに携わります。そのため明確な正解がなく「本当にこれで良いのか」と悩む毎日で、結果が出るのにも時間がかかります。児童相談所のように子供や家族のそれまでの生活や今後の人生を大きく変えてしまう決断を迫られることも多く、大きな責任も伴います。それだけに、自分たちの関わりが子供の変化や成長につながったり、子供や家族に笑顔が戻った時には大きな喜びとやりがいを感じます。今後は教育や医療などの分野も経験して自分の専門性を深め、より多くの都民の幸せに貢献していきたいと考えているため、心理職の活躍フィールドが数多く用意されているのも都庁の大きな魅力です。また、都庁は海外で効果が実証された心理療法をいち早く導入するなど、常に国や他自治体に先駆けた取り組みに挑戦しており、心理職として日々刺激を受けながら成長していける環境が整っています。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2011 年
入都
福祉保健局 少子社会対策部 世田谷児童相談所 心理指導係
児童の心理学的診断、児童や保護者への助言指導、心理治療
2014 年
福祉保健局 少子社会対策部 足立児童相談所 心理指導係
児童の心理学的診断、児童や保護者への助言指導、心理治療

職員紹介のトップに戻る