グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

安心・安全・安楽なケアを行う 高橋 美咲 病院経営本部【看護師】2015年入都 健康福祉学部看護学科

入都のきっかけ

都立の学校で看護を学んでいたこともあり、実習先として都立病院に訪れる機会が多くありました。その際、患者さんからの「地域に頼れる病院があって助かるわ」との声を聞いたことがきっかけです。私は生まれ育った東京都に愛着をもっています。看護師として地域の方のための仕事をしたいと思いました。また、都立病院は、福利厚生や新人教育が充実しており、働きやすい環境が整っていたことも、志望した理由の一つです。

今の部署の仕事について

私が勤務しているのは外科・泌尿器科・整形外科の混合病棟です。手術前後の看護が主な仕事内容です。手術前の処置、手術室看護師との情報共有、術後の全身状態の観察、回復に向けての援助などを日々の業務の中で行っています。手術前で不安を持っている患者さんや、術後から回復し退院に向けて調整が必要な患者さんなど、さまざまな方が入院していて、私たちは多方向からケアしていきます。特に、手術直後の急性期では全身状態の変化が激しく、臨機応変な対応が必要になります。病棟看護師は2チームに別れて看護を行っていて、リーダーを中心に報告・連絡・相談を重視しています。業務の中で一人では対応しきれない時や、ケアの方向性について話し合いが必要な場面が多々あります。チーム内で助け合うことで、多忙な中でも安全、安楽なケアを行っていけるよう心掛けています。

学生時代の専攻や勉強をどう活かしているか

大学で、看護の基礎的な知識や技術を学びました。それは業務に当たる中でもっとも基本となるものであると実感しています。成人看護だけでなく、母性看護や精神看護など、今の部署とは一見関係なく見える学習も幅広く学んだことで、多方面から患者さんをアセスメントするために役立っていると日々の業務の中で感じます。

この職種で都庁で働く魅力

治療によって症状が軽快して退院していく患者さんの姿を見ると、心から喜びを感じます。また「あなたのおかげで助かりました」など嬉しい言葉をかけていただけることもあり、誰かのために自分の知識や技術を活かすことのやりがいを感じています。都立病院では、年齢、疾患、社会的背景などが異なるさまざまな状況にある患者さんが入院してきます。一人ひとりの個別性に合った看護を行っていくことは時に難しいと感じることもありますが、先輩に助言をいただきながら、どの患者さんにもより安楽な状態になっていただけるよう心掛けています。また、将来は自分が後輩に助言ができるような経験豊かな看護師になっていきたいと思い、看護について日々学んでいこうと考えています。患者さんが今後の人生をよりよく過ごせるよう、寄り添っていける看護師になりたいと思っています。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2015 年
入都
病院経営本部 都立大塚病院配属

職員紹介のトップに戻る