グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

都庁の仕事:7事業
すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

下水道局 私たちの生活に欠かすことのできない下水道は、地球環境保全にも大きく貢献している。

事業概要


水再生センター中央監視室風景

下水道の基本的な役割をあげると、(1)家庭や事業所で使われた水を集めて処理し快適な生活環境を確保する、(2)雨を速やかに排除して浸水から街を守る、(3)きれいになった処理水を放流して川や海の水質を保全する、の3つになります。また、新たな役割として、下水道が持つ資源・エネルギーを有効活用することによる地球環境保全への貢献や、下水道施設の多目的利用を図ることによる良好な都市環境の創出があります。

平成29年度主要事業

1.お客さまの安全を守り、安心で快適な生活を支えるために

計画的な下水道施設の再構築

東京の下水道は、明治17年に神田下水を建設してから約130年の歴史を積み重ねた結果、約1万6千kmにも及ぶ下水道管など膨大な施設を有しています。これら施設を将来にわたって安定的に機能させるため、様々な調査技術やリニューアル技術を開発するとともに、アセットマネジメント手法(各施設の状態を客観的に把握・予測することなどで適切に管理する手法)により計画的に再構築を進めています。

浸水対策や震災対策の推進

近年頻発している局地的な集中豪雨に対応するため、地下街や浸水の危険性が高い地域などを重点化し、大規模な下水道管の整備などを進めています。また、首都直下地震などが発生した場合でも下水道機能やお客さまの避難時の安全性を確保するため、下水道管の震災対策を重点的に実施しています。トイレ機能を確保するため避難所などからの排水を受ける箇所を対象に下水道管とマンホールの接続部を柔軟性のある構造に変更する対策や、災害時の交通機能を確保するため液状化の高い地区にある緊急輸送道路などを対象にマンホールの浮き上がりを抑制する対策などを推進し、東京の防災力の向上を図っています。東日本大震災や熊本地震などでは、都の豊富な経験と技術力を有する人材を活用して数多くの支援隊を派遣するなど、引き続き被災地の復旧・復興のために最大限の協力を行っています。

2.良好な水環境と環境負荷の少ない都市の実現に向けて

良好な水環境の創出

東京湾などの水質改善のために、下水から有機物と同時にちっ素やりんなどの富栄養化物質も除去する高度処理を推進しています。また、雨天時の対策として、ゴミやオイルボールの流出抑制や、降雨初期の特に汚れた下水を貯留する施設の整備を進めています。

地球温暖化対策や循環型社会の形成

下水道事業は、下水をきれいにする過程で多くの温室効果ガスを排出しており、その量は都の事務事業活動の中でも最大です。積極的に温室効果ガスの削減を図るため、事業全体の省エネルギー化や太陽光発電、バイオマスなどの未利用・再生可能エネルギーの活用を進めています。また、下水処理水をさらに高度に処理してトイレの洗浄水として供給する再生水事業を実施することなどにより、循環型社会の形成に貢献しています。

TOPICS 01 地球温暖化防止計画「アースプラン2017」


【太陽光発電設備の導入事例】水処理施設の蓋に、1,000kW(メガワット級)の太陽光パネルを設置

下水道局では、事務事業活動から発生する温室効果ガス排出量を、2000年度比で2020年度までに25%以上、2030年度までに30%以上削減する、新たな地球温暖化防止計画「アースプラン2017」を策定しました。
本プランに基づき、徹底した省エネルギーや再生可能エネルギーの活用拡大に加え、新しい焼却技術などの開発や最新技術を先導的に導入することで、地球温暖化対策の取組をより一層進めていきます。

TOPICS 02 浸水対策事業


【浸水対策に用いる特殊シールド機】大口径二連型シールド機で、内径5mのトンネルを2つ同時に建設

東京都では、都市化の進展による下水道への雨水流入量の増加に伴う雨水排除能力の不足や、近年多発している局地的な大雨により、浸水被害が発生しています。
下水道局では、「東京都豪雨対策基本方針(改定)」に基づき、1時間50ミリ降雨に対応する施設整備を進めるとともに、甚大な被害が発生している地区などでは、整備水準をレベルアップした施設整備を実施しています。こうした浸水対策を推進することで都市機能を確保し、お客さまが安全に安心して暮らせる東京を実現します。

TOPICS 03 下水道事業における国際展開


マレーシア・ランガット地区の下水処理場建設現場


IWA世界会議ブリスベン大会での発表

下水道局では、下水道のニーズを抱える国や地域などの課題解決に貢献するとともに、下水道関連企業の海外展開を後押しすることで、東京ひいては日本の産業力の強化に寄与することを目的として国際展開に取り組んでいます。
「海外インフラ整備プロジェクトなどの推進」の取組としては、東京下水道の技術力や経営ノウハウなどを活用し、相手国・地域のニーズに応じた現地調査、下水道整備計画の提案などの技術支援をJICAなど関係機関と連携して行っています。現在は、マレーシア・ランガット地区における下水道整備プロジェクトに関与しています。
「情報発信の強化」の取組としては、海外の水環境関係機関などが主催する国際会議に参加し、技術や法制度の面から意見交換を行っています。平成28年度は、オーストラリア・クイーンズランド州・ブリスベン市で開催された第10回国際水協会(IWA)世界会議・展示会などに参加し、東京下水道の優れた取組や技術を発信しました。
「人材交流・育成の促進」の取組としては、東京都の姉妹友好都市との更なる友好関係の促進及び関係強化に向け、ソウル特別市などと技術的な交流を行っています。この他、外務省やJICAなどを通じてアジア諸都市などからの視察者などを受入れ、下水道事業の概要説明、施設見学を行っています。平成28年度は47の国と地域から1,955名を受入れました。

都庁の仕事(各局紹介)のトップに戻る