グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

都庁の仕事:7事業
すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

交通局 安全と安心を確保しながら、便利で快適な交通サービスを提供していく。

事業概要

都営交通(交通局)は地方公営企業であり、その運営は、お客様からいただく料金によって経費を賄う独立採算制を原則としています。(1)都営地下鉄(2)都営バス(3)都電(4)日暮里・舎人ライナー(5)モノレールを運営し、1日当たり約332万人のお客様にご利用いただき、東京の都市活動や都民生活に欠かせない公共交通機関として重要な役割を担っています。また、多摩川の流水を利用した水力発電による電気事業のほか、所有する資産を有効活用した関連事業も含め、民間事業者と競合する事業を、経済性を発揮しながら運営しています。

事業別概要

1.都営地下鉄

都営地下鉄は、浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線を営業し、営業キロは合わせて109.0km、駅数は106駅で、1日当たり約260万人のお客様にご利用いただいており、安全の確保を最優先に、より快適で質の高い輸送サービスを提供しています。また、省エネルギー対策に積極的に取り組むほか、予防保全の考え方を取入れながら、施設の長寿命化にも取り組んでいます。

2.都営バス

都営バスは、都区部のほか多摩地域の一部で運行し、1日当たり約59万人のお客様にご利用いただいています。都内最大のバス事業者として、ハード・ソフト両面で安全対策を進めるとともに、運行情報のインターネット配信サービスなどお客様の利便性向上を積極的に図っているほか、ハイブリッドバスの運行など環境負荷低減に先導的な役割を担っています。

3.都電

東京さくらトラム(都電荒川線)は、三ノ輪橋から早稲田の間を運行する路面電車であり、営業キロは12.2kmで1日当たり約4万6千人のお客様にご利用いただいています。沿線地域の足として輸送サービスの向上を図っているほか、地元自治体などとも連携した観光PRの強化などにより、増収・増客対策と地域の活性化に取り組んでいます。

4.日暮里・舎人ライナー

日暮里・舎人ライナーは、日暮里から見沼代親水公園の間を運行する新交通システムであり、営業キロは9.7kmで1日当たり約7万6千人のお客様にご利用いただいています。地域に密着した交通機関として輸送サービスの向上を図っているほか、地元自治体などと連携し、地域の活性化にも努めています。

5.モノレール

モノレールは、上野動物園の東園と西園の間を運行し、1日当たり約3千人のお客様にご利用いただき、親しまれています。昭和32年から営業を開始した我が国で最初のモノレールで、当時、将来の都市交通機関の開発のための実験線として建設された、鉄道事業法に基づく交通機関です。現在は、建設局に施設を無償譲渡し、運営のみを行っています。

6.電気事業(水力発電)

電気事業は、交通局の前身である東京市電気局からの流れをくみ、多摩川の流水を利用して3ヶ所の水力発電所を稼働させ、一般家庭およそ3万5千世帯分の使用量に相当する電力量を発電しています。発電した電気は、公募により決定した電気事業者に売却しています。

7.関連事業

関連事業とは、所有する土地や建物の貸付けを行う不動産事業、駅構内に店舗や自動販売機を設置する構内営業、車内及び車体や各駅構内を活用した広告事業などのことです。長期的に安定した収入を確保することで、経営基盤の強化に寄与しています。

TOPICS 01 東京都交通局経営計画2016

  • 平成28年度を初年度とする6ヶ年の経営計画であり、「安全・安心の確保」「質の高いサービスの提供」「東京の発展に貢献」「経営基盤の強化」の4つの方針の下で、「世界一の都市・東京」の実現に貢献していきます。
  • 安全・安心の確保を最優先に、質の高いサービスを提供するとともに、まちづくりや観光振興、環境負荷低減といった、東京が抱えるさまざまな課題に果敢に挑戦し、東京の発展に貢献する都営交通を目指します。また、今後の事業変化にも迅速かつ的確に対応しつつ、中長期的にも安定した事業運営を行っていくため、収益力の向上や強固な執行体制の構築など、経営基盤を強化していきます。

TOPICS 02 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を
見据えた取組

史上最高のオリンピック・パラリンピックの実現に向け、国内外から東京を訪れる多くのお客様に対し、安全で安定した輸送を提供するとともに、誰もが便利で快適に都営交通を利用できるよう、局一丸となって、ハード・ソフト両面から取組を加速していきます。

TOPICS 03 主な事業


ホームドア(大江戸線)


勝どき駅大規模改良工事後のイメージ


都バス案内用デジタルサイネージ


燃料電池バスの導入

ホーム上の安全対策を強化するため、三田線全27駅及び大江戸線全38駅に続き、新宿線全21駅に平成31年度中の完了を目指し、ホームドアを整備します。また、乗り入れ車両が多く、ホームドア整備が難しい浅草線においても、一部の駅で先行的にホームドアを整備し、関係各社と協議しながら全駅整備を目指します。

品川駅周辺地域の市街地再開発事業にあわせて、再開発地域内にある泉岳寺駅の大規模改良工事を行い、日本の成長を牽引する国際拠点の交通結節点としての機能を充実させます。また、周辺の開発により乗降客が大幅に増加している大江戸線の勝どき駅について、ホームの増設やコンコースの拡張などの大規模改良工事を進めます。

国内外から東京を訪れる多くの旅行者をはじめ、誰もが円滑かつ快適に移動できるよう案内サインをより分かりやすいものへと改修します。都営バスでは、車内や停留所における情報提供を充実させるほか、都営地下鉄駅構内やバスターミナルなどにバスの運行情報や路線図などを表示するデジタルサイネージの設置を開始します。また、都電荒川線と日暮里・舎人ライナーでは、都営地下鉄で導入している「駅ナンバリング」を導入します。

都営バスでは、2017年3月に「市販車での営業運行日本初」となる燃料電池バスの運行を開始しました。今後も燃料電池バスの導入を順次拡大していくとともに、民間事業者と協力しながらバス用水素ステーションの整備促進などを進め、水素社会の実現に貢献していきます。また、多摩川第一発電所及び第三発電所の設備を更新して発電電力を増加させ、再生可能エネルギーの創出拡大に努めます。

都庁の仕事(各局紹介)のトップに戻る