グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

都庁の仕事:7事業
すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

教育庁 家庭や地域の教育力向上を支援し、子供を伸ばす環境を整えていく。

事業概要

東京都教育委員会は、子供たちが、知性、感性、道徳心や体力を育み、人間性豊かに成長することを願い、

  • 互いの人格を尊重し、思いやりと規範意識のある人間
  • 社会の一員として、社会に貢献しようとする人間
  • 自ら学び考え行動する、個性と創造力豊かな人間

の育成に向けた教育を重視しています。また、学校教育及び社会教育を充実し、誰もが生涯を通じ、あらゆる場で学び、支え合うことができる社会の実現を図ります。そして、教育は、家庭、学校及び地域のそれぞれが責任を果たし、連携して行われなければならないものであるとの認識に立って、全ての都民が教育に参加することを目指していきます。

東京都教育ビジョン(第3次・一部改定)について

東京都教育委員会は、「教育委員会の教育目標」及び「基本方針」に基づき、東京都における教育振興計画として位置付けた「東京都教育ビジョン(第3次)」を平成25年4月に策定し、今後10年間に予想される社会の変化とそれにともなう教育の役割や、平成25年度から5年間で取り組む施策の方向性と具体的な事項を明らかにしました。また、平成28年4月には、平成27年11月に策定した東京都教育施策大綱や近年の国の教育改革の動向を踏まえ、「オリンピック・パラリンピック教育の推進」を新たに盛り込むとともに、「主要施策」などを再構成し、計画期間を平成30年度までに変更するなどの一部改定を行いました。

1.「知」「徳」「体」を調和よく培う

近年急速に進行する知識基盤社会化やグローバル化は、アイディアなど知識そのものや人材をめぐる国際競争を加速させる一方で、異なる文化や文明との共存や国際協力の必要性を増大させています。こうした社会を自立的に生きる基盤を培うには、子供一人ひとりの「知」「徳」「体」の状況や課題を十分に把握し、これらを調和よく育むことが求められています。そのために、確かな学力の定着と伸長、豊かな人間性と規範意識の向上、健康や体力の向上を実現する取組を推進します。

2.一人ひとりの能力を伸ばし、社会の発展に貢献する意欲を高める

子供の個性や能力は、子供一人ひとりによって異なります。個々が持つ多様な個性や能力を十分に把握した上で、個々に応じた指導を、心身の発達段階を踏まえて系統的、組織的に行うことが大切です。このような指導を通して、一人ひとりの個性や能力を引き出し、最大限に伸ばしていきます。また、社会の一員としての自覚と行動力、社会の発展に貢献しようとする意欲を高めます。さらに、国際社会の構成員としての自覚を持ち、世界を舞台に活躍し、信頼され、世界に貢献できる人材を育成します。

3.学校、家庭、地域・社会が連携・協力して子供を育てる

学校における教育活動を実践するのは教員です。しかし、子供の教育は学校だけで完結するものではありません。保護者は子供の教育について第一義的責任を有するものであり、子供の現状・課題について十分認識して家庭教育を行わなければなりません。また、地域・社会は、次代を担う子供の育成が大人の役割であることを認識し、自らが行い得る取組を積極的に行わねばなりません。そのために、保護者への支援体制の充実や、保護者の教育参加への推進、地域などの外部人材の活用などの取組を展開します。


中学生「東京駅伝」大会

東京都教育ビジョン(第3次・一部改定)に基づく平成29年度教育庁主要施策

平成29年度教育庁主要施策は、東京都教育ビジョン(第3次・一部改定)に基づき、東京都教育委員会が平成29年度に重点的に取り組む施策を示したものです。このうち、「オリンピック・パラリンピック教育の推進」と「世界で活躍できる人材の育成」に関する施策について、ご紹介します。

TOPICS 01 オリンピック・パラリンピック教育の推進


運動会におけるオリンピック・パラリンピック教育推進の取組

平成28年1月に策定した「東京都オリンピック・パラリンピック教育」実施方針に基づき、平成28年4月から都内すべての公立学校において、「オリンピック・パラリンピックの精神」「スポーツ」「文化」「環境」の4つのテーマと「学ぶ(知る)」「観る」「する(体験・交流)」「支える」の4つのアクションとを組み合わせた多彩な教育を実施しています。オリンピック・パラリンピック教育の実施により、子供たちには特に「ボランティアマインド」「障害者理解」「スポーツ志向」「日本人としての自覚と誇り」「豊かな国際感覚」の5つの資質を重点的に育成します。これらの資質を子供たちに身に付けさせるためのプロジェクトとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に参加予定の全ての国・地域を都内全体で学習しながら、地域在住の留学生、大使館や海外の姉妹校との交流など、実際の国際交流活動を実施する「世界ともだちプロジェクト」、オリンピアン・パラリンピアン・外国人アスリートなどとの交流を通じ、スポーツの素晴らしさを体感し、国際理解や障害者理解を促進する「夢・未来プロジェクト」などを展開しています。

TOPICS 02 世界で活躍できる人材の育成


次世代リーダー育成道場出発式

グローバル社会でたくましく生き抜くためには、世界で通用する「使える英語力」を身に付けるとともに、さまざまな国や地域と共に未来を切り拓こうとする態度・能力、自国の伝統・文化などへの理解を深め、尊重する態度の育成が重要です。このため、「使える英語」の習得や豊かな国際感覚の醸成、日本人としての自覚と誇りの涵養に向けた取組を推進します。小学校では、平成32年度の英語教科化にともなう平成30年度からの先行実施に向けて、英語教育を推進するリーダーの配置や英語教育推進地域の指定などにより、教員の指導力や児童の英語力の向上を図ります。中学校では、「東京方式習熟度別ガイドライン」に基づいた効果的な少人数・習熟度別指導を推進します。高校では、グローバル人材育成の先導的学校として「東京グローバル10」や「英語教育推進校」を指定し、オンライン英会話や外部検定の活用により、実践的な教育を推進します。また、英語を使用する楽しさや必要性を体感でき、英語学習の意欲向上のきっかけ作りの場として「TOKYO GLOBAL GATEWAY」の開設に向けて準備を進めます。さらに、将来、さまざまな場面や分野で活躍し、日本や東京の未来を担う人材を育成するため、都立高校などを対象として事前研修を行った上で海外留学を経験させる「次世代リーダー育成道場」や、国際協力機構(JICA)と連携し、青年海外協力隊の派遣前訓練を基にした都立高校生向けプログラムとして「東京グローバル・ユース・キャンプ」を実施します。また、日本の伝統・文化の理解を深めるために、地域の専門的な知識・技能を有する外部人材などを活用した取組なども充実していきます。

都庁の仕事(各局紹介)のトップに戻る