グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

都庁の仕事:7事業
すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

人事委員会事務局 職員が常にいきいきと働けるよう、キャリア形成の支援や勤務条件の充実に努めていく。

事業概要

人事委員会は、独立した専門的な人事行政機関(行政委員会)で、3人の人事委員で構成されています。東京都の任用制度や給与制度を民主的かつ能率的なものとしていくため、主に以下の事務を行っています。人事委員を補佐するため、事務局が置かれています。

平成29年度主要事業

1.適正な勤務条件の設定

  • 給与、勤務時間その他の条件に関し講ずべき措置について議会及び長に勧告すること。
  • 人事評価の実施に関し、任命権者に勧告すること。
  • 給料表に関し、議会及び長に報告及び勧告すること。
  • 給与、勤務時間その他の勤務条件、研修、厚生福利制度その他職員に関する制度について絶えず研究を行い、その成果を議会もしくは長又は任命権者に提出すること。
  • 人事機関及び職員に関する条例の制定又は改廃に関し、議会及び長に意見を申し出ること。
  • 非現業職員の勤務条件に関し、労働基準監督機関としての事務を行うこと。

2.中立・公正な任用制度の確保

  • 採用試験などを実施すること(キャリア活用選考、1類ABなど)。
  • 職員の昇任選考を実施すること(管理職選考など)。

3.公平審査

  • 職員の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する措置の要求を審査判定し、これに必要な措置をとること。
  • 職員に対する不利益な処分の審査請求に対する裁決をすること。

TOPICS 採用PRについてのさまざまな取組


PR冊子(理系のシゴト、女性職員特集)

首都をフィールドとして行政を担う東京都職員は、誰もが住みやすく、誰もが働きやすい都市を実現するためのフロントランナーとして、道を切り拓く存在です。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をはじめとする多くの事業を形づくっていく中で得られる日々の達成感や充実感は、一言では言い尽くせません。

人事委員会は、異なる職種と連携し、大きな目的に向かって取り組んでいる現場を持つ東京都で働く魅力を伝えるため、庁内のさまざまな部署と協力して、ウェブサイトやPR冊子を活用した情報発信を積極的に行っています。また、職員採用セミナーや採用相談会、大学などでの業務説明会の場で、都庁への就職を目指す皆さんと都政の第一線で働く職員が直接触れ合い、都庁で働くイメージを膨らませていただく取組も行っています。

都庁の仕事(各局紹介)のトップに戻る