グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

都庁の仕事:7事業
すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

中央卸売市場 時代の変化に応えられる卸売市場をつくり、東京の台所を支えていく。

事業概要

中央卸売市場は、毎日の生活に欠くことのできない生鮮食料品などを販売するために、卸売市場法に基づき、地方公共団体が、農林水産大臣の指定する開設区域内に、農林水産大臣の認可を受けて開設するもので、開設区域内における生鮮食料品などの円滑な流通を確保するための卸売の拠点となっています。

東京都は、東京都中央卸売市場の開設者として、生鮮食料品などの円滑な供給の確保と都民の消費生活の安定に資することを目的とし、東京都中央卸売市場条例に基づき、市場の取引業務及び施設使用の適正かつ健全な運営を図っています。

平成29年6月現在、東京都は「世界有数の水産物の取り扱い規模を誇る築地市場」や「日本一の広さを持つ大田市場」をはじめ、都内に11の中央卸売市場を開設しており、その取扱品目は、水産物・青果・食肉・花きとなっています。

中央卸売市場の主な取組

1.都民の期待に応える卸売市場造り

卸売市場は、都民の食生活の安定や食の安全などを確保するという重要な役割を担っていますが、近年、少子高齢化の進行、食の外部化、流通のグローバル化、産地の大型化など、卸売市場を取り巻く流通環境は大きく変化しています。

中央卸売市場では、東京都卸売市場整備計画に基づき、各市場の施設・設備の維持・更新を進めるとともに、流通環境の変化に的確に対応できるよう、品質・衛生管理の高度化や加工・パッケージなど多様なニーズへの対応などの機能強化に取り組み、都民の期待に応える市場造りを推進しています。

2.生鮮食料品などの円滑な供給確保のための取組

都は市場における取引の適正化を図るため、現場での取引指導、経理・業務検査、各種の許可・承認・届出の指導などの業務を行っています。

また、食の安全と消費者の信頼確保のため、「安全・品質管理者」を各市場へ設置し、食品に関する事件・事故発生時に、迅速にその情報を収集し・周知する体制を整備しています。さらに、市場業者が自主的衛生管理を確実かつ安定して行うための「品質管理マニュアル」の作成支援や、市場で働く者全員の衛生意識向上のための普及啓発活動に取り組んでいます。


マグロのセリ開始前(築地市場)

TOPICS 01 経営活性化支援事業


花いけバトルin大田市場2016の様子

中央卸売市場では、市場業者による経営上の業務改善や販路拡大に向けた取組を企画実施する場合に、その費用の一部を補助する経営活性化支援事業を平成21年度から実施しています。平成28年度は、大田市場の「花いけバトルin大田市場2016」など、6市場、12事業に対して支援を実施しました。

TOPICS 02 都民・消費者へ向けた情報発信

市場の機能や役割をはじめ、生鮮食料品などについての知識、食の安全・安心の確保のために中央卸売市場が取り組む対策などについて、HPなど、各種広報媒体を活用し、都民に分かりやすく伝え、普及啓発に取り組んでいます。

TOPICS 03 市場まつりの開催

卸売市場に対する都民・消費者の理解をより一層深めていただくため、各市場の業界団体と共に市場まつりを開催しています。平成28年度は、9市場で約34万人の方々にご来場いただきました。

TOPICS 04 食育・花育講習会


こどもいちば教室の様子

中央卸売市場では、食の安全・安心を支え、適正な価格で生鮮食料品などを供給するという市場の役割を伝え、都民がより健康で豊かな生活が送れるように、市場業者とも連携し、講習会などの食育・花育事業に取り組んでいます。講習会では、魚のさばき方やおいしい野菜の見分け方を市場で活躍する業者の方々から学ぶほか、お肉のおいしい食べ方を実践したり、フラワーアレンジメントを体験するなど、さまざまな形で消費者と市場との交流を図っています。平成28年度は、約500人の都民の方々にご参加をいただきました。

都は、開催に当たって、都民が楽しく参加できるような企画を市場業者と共に検討し、講師と調整しながら、講習会の運営を行っています。食育・花育講習会は、消費者の動向やニーズを把握し、食生活の安定や地域と共存する市場づくりのための重要な取組となっています。

TOPICS 05 東京都卸売市場整備計画(第10次)の策定

中央卸売市場では、生鮮食料品などの円滑な供給を確保し、都民の消費生活の安定に資するため、卸売市場法の規定に基づき、東京都卸売市場整備計画を策定しています。
平成29年2月には、平成28年度を初年度とし、平成32年度を目標年度とする東京都卸売市場整備計画(第10次)を策定しました。

本計画の取組の方向性として、全ての卸売市場が最低限求められる機能の確保と、時代の要請に応えていくための新たな取組を挙げています。なお、各市場における戦略的な機能強化を行うために、各市場の特性を踏まえ、市場関係者が一体となって「経営戦略」を策定することとしています。


※本計画は、豊洲市場の開場が未確定であることなどから、必要に応じて、適宜、改定を行う暫定計画としています。

都庁の仕事(各局紹介)のトップに戻る