グローバルナビゲーションの開閉

MY PAGE

絞り込みメニュー
  • すべて

事業領域

  • 福祉・保健医療
  • 産業・労働・経済
  • 環境
  • 教育・文化
  • 都市づくり
  • 財政・税務
  • その他

職種

  • 事務
  • 土木
  • 建築
  • 機械
  • 電気
  • その他

キャリア

  • 1年目~5年目
  • 6年目~10年目
  • 11年目~19年目
  • 20年目以上
  • さまざまなキャリア

各メニューを選択すると絞り込みができます

心地よい空間を創る! 久保 武広 建設局 西部公園緑地事務所 工事課【造園】2014年入都 農学部 農学科

入都のきっかけ

大学時代、海外に行き各地の美しいまち並み・風景を見た経験から、私の地元東京都の景観をより良くしたいと思うようになりました。都庁は、道路の緑化事業など、都市景観に係るさまざまな事業を行っており、景観行政・公園緑地行政において影響力が大きいと考え、入都を希望しました。また、臨海部から奥多摩、島しょまでさまざまな活躍の場があり、携われる仕事が多様であることも理由の一つです。

今の部署の仕事について

多摩地域の都立公園・霊園・緑地の整備・改修工事の監督業務を行っています。監督業務とは、工事を請負った会社が品質・安全・工期を適切に守って工事を行っているかチェックすることです。他の事務所や自治体・管理者・住民の方などと調整を行いながら工事を進めていきます。担当する工事の内容は多岐に渡り、公園の植栽工事や園路改修工事をはじめ、丘陵地公園の傾斜地を保護する工事やトイレの建て替え工事、霊園の墓誌の設計などを行います。現場で問題が起きたときは、工事に遅れが生じないように迅速かつ慎重に判断するように心がけています。そして、利用者の視点に立って使いやすい空間となるように、上司や先輩、工事を請負った会社の方々と議論しながら工事を進めています。

学生時代の専攻や勉強をどう活かしているか

大学時代、私はバックパッカーとして旅をしていました。その旅を通して触れた東南アジアやヨーロッパ、中国、インドなど、世界各地のまち並み・風景を通して感じた「このように美しいまち並み(景観)をつくりたい」という思いが、今の仕事を志したきっかけであり、モチベーションの源にもなっています。

この職種で都庁で働く魅力

都庁の造園職の仕事の内容は多岐に渡ります。日比谷公園や井の頭恩賜公園などの都市公園をはじめ、お台場海浜公園などの海上公園、高尾や奥多摩、小笠原諸島などの自然公園、動物園や植物園、庭園などの管理・整備を行っています。その他に、都市計画や自然環境保全を行う部署もあります。東京都の緑に関するすべてに携われる職種です。利用者(都民)にとって心地よい快適な空間をつくる特別な仕事ができます。

ある1日の流れ

卒業後からの経歴

2014 年
入都
建設局 西部公園緑地事務所 工事課 工事係
工事が安全かつ適正に行われるための指導や関係部署との調整など、公園緑地整備工事の工事監督業務
設計業務

職員紹介のトップに戻る