東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

病院経営本部

高水準で専門性の高い総合医療で、
「患者中心の医療」を推進していく。

病院経営本部

事業概要

病院経営本部は、都立病院の管理・運営を専管する組織です。都立病院は、「高水準で専門性の高い総合診療基盤に支えられた行政的医療を適正に都民に提供し、他の医療機関などとの密接な連携を通じて、都における良質な医療サービスの確保を図ること」を基本的な役割としています。現在8病院でそれぞれ特色ある医療を提供するとともに、サービスの向上、経営基盤の確立などにも取り組んでいます。

広尾病院

広尾病院

【都立病院の新たな改革の推進】

病院経営本部では「365日24時間の安心」と「患者中心の医療」の実現を目指す、「東京発医療改革」に取り組む中で、「東京発医療改革」の核として、「都立病院改革」を推進してきました。
平成13年12月に策定した「都立病院改革マスタープラン」によって、都立病院の基本的役割、患者中心の医療推進のための考え方など、改革の道筋を明らかにし、その後3期に渡る中期計画により改革を推進してきました。

「都立病院改革マスタープラン」策定から15年以上が経過し、この間、少子高齢化の急速な進行に伴い疾病構造や受療行動は大きく変化しています。中でも超高齢社会の到来は、医療需要の質的・量的変化をもたらし、医療提供のあり方は、「病院完結型」の医療から「地域完結型」の医療へと転換が求められています。
こうした状況を踏まえ、今後の都立病院が果たすべき役割や、将来にわたり持続可能な病院運営を実現するための道筋を明らかにするため、都立病院の新たな改革を示す「都立病院新改革実行プラン2018」を平成30年3月に策定しました。(計画期間:平成30年度から平成35年度まで)

【都立病院新改革実行プラン2018】

1.都立病院の役割
地域医療の変革の過渡期において、都立病院は、基本的役割である行政的医療の提供に加え、地域医療構想の実現に向けて率先して取り組み、将来にわたり安定的かつ継続的に都民の医療に対する期待に応えていかなければなりません。
こうした状況を踏まえ、都立病院は今後、以下の2つの役割を担っていきます。

役割1 行政的医療の安定的かつ継続的な提供
今後も「行政的医療」を適正に都民に提供し、他の医療機関等との適切な役割分担と密接な連携を通じて、都における良質な医療サービスの確保を図ります。

役割2 地域医療の充実への貢献
総合診療基盤や医療人材を最大限活用し、地域医療機関等とのネットワークを一層強化することにより、地域の状況に応じて、地域医療の充実に貢献します。


2.各病院の類型化
2つの役割を効果的かつ効率的に果たしていくため、病院の地域特性や医療機能に応じた基本的機能や取組の方向性を明確化します。

<広域基幹型>
所在する地域において、高度あるいは専門的な医療を提供できる医療機関が少ないため、高水準で専門性の高い総合診療基盤を活かし、広域的に総合的な医療を提供します。
・墨東病院
・多摩総合医療センター

<大都市機能連携型>
所在する地域において、高度あるいは専門的な医療を提供している医療機関が集積し、一部の医療機能が併存するが、これまで培ってきた「強み」を活かしつつ、地域医療機関との適切な役割分担と連携の下、地域医療の充実に貢献します。
・広尾病院
・大塚病院

<専門機能型>
特定の医療分野について、高度で専門的な技術・設備を活用し、都全域を対象に専門性の高い医療を提供します。
患者の選択肢を広げ、利便性を向上するという観点から、特定の医療分野における豊富な症例を活かし、臨床研究や新たな治療技術の開発、新薬開発のための治験を推進します。
・駒込病院
・神経病院
・小児総合医療センター
・松沢病院

【都立病院の新たな改革の基本的な考え方】

都立病院の担うべき役割を着実に果たし、将来にわたり持続可能な病院運営を実現するため、「3つの視点」「6つの戦略」を掲げ、新たな改革を推進します。

3つの視点
視点1 患者・都民第一
視点2 東京の地域特性の反映
視点3 都立病院の持つ資源の有効活用

6つの戦略
戦略1 都の医療政策推進への貢献
戦略2 安全・安心で質の高い医療の提供
戦略3 地域の医療提供体制の確保・充実への貢献
戦略4 専門性が高く良質な医療人材の確保・育成
戦略5 サステイナブルな病院運営体制の構築
戦略6 都民にわかりやすく病院の状況を見える化

都立病院新改革実行プラン2018

都立病院新改革実行プラン2018

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

「頼られる薬剤師」になる 玉井 絵里香 病院経営本部 都立墨東病院 薬剤科【薬剤A】 2017年入都 薬学部 薬学科

平成30年12月時点

入都動機・きっかけ

玉井 絵里香

学生時代に都立病院の救命救急センターでの研修に参加したことが、東京都に興味を持ったきっかけです。都立病院は8つの病院で専門的な医療を提供しており、薬剤師として幅広い経験を積めるところに魅力を感じました。また、病院見学を通し、都立病院の薬剤師は高い志を持って仕事に打ち込んでいる方が多いという印象を持ちました。私もいきいきと働いて薬剤師として成長し、医療に貢献したいと考えて東京都を志望しました。

今の部署の仕事について

病院では薬剤師は非常に多くの業務に関わっています。具体的には、調剤業務、窓口での服薬指導、抗がん薬ミキシング、院内への医薬品情報の提供、病棟業務、夜間休日業務(入院・夜間外来患者に24時間対応)等です。外来窓口では、外国人患者の対応をする機会も多いです。病棟業務では、内科系(呼吸器内科・腎臓内科・リウマチ膠原病科)の病棟を担当し、肺癌や関節リウマチ・腎機能障害等を抱えた患者さんに対して、薬の説明や副作用の確認を行っています。医師や看護師などの多職種と連携し、必要に応じて処方提案や情報提供を行うことで、患者さんにとって安心安全な医療が提供できるよう努めています。栄養サポートチーム(NST)にも所属し、チーム医療の実践にも力を入れています。知識向上のため、日頃から積極的に勉強会に参加しています。

学生時代の専攻や勉強はどう活きているのか

薬剤師は、薬の専門家としての立場から意見を求められます。患者の状況に応じた処方提案等を行う必要があるため、薬理、病態・薬物治療、実務の知識は特に必要とされています。ただし、臨床現場では知識をそのまま活かせるとは限らず、状況に応じた判断ができるよう考える力をつけていくことが大切です。特に、TDM(血中濃度モニタリング)は薬剤師の重要な業務の一つとなっています。さらに、薬剤師の業務として医薬品管理も非常に重要となるため、大学で学んだ法規を活かし、正しい知識に基づいて業務を行うことが大切だと感じます。

玉井 絵里香

働いて実感する魅力と
やりがい、将来像

玉井 絵里香

病棟で、以前も入院されていた患者さんにお会いした時、「前も来てくれた薬剤師さんだよね。薬のこと教えてくれて助かったよ。今回もよろしくね。」と言っていただけたことがありました。薬剤師として、少しではあるものの患者さんの治療や不安軽減に貢献出来ていると実感し、嬉しかったのを覚えています。病院では「患者への安心・安全な医療の提供」という目標のもと、全体がチームとなって懸命に働いています。その目標に貢献するため、知識や対応力に磨きをかけ、患者・他職種に信頼される「頼られる薬剤師」になりたいと考えています。

ある1日の流れ

出勤
メールやカルテなどをチェックし、情報収集

科内での情報共有、1日の打ち合わせ

病棟薬剤業務
入院患者の状況確認
病棟にて、医師・看護師への情報提供、患者への服薬指導

お昼休憩

病棟薬剤業務
患者への服薬指導、医薬品の保管状況のチェック、カンファレンスへの参加など

注射調剤業務
注射薬の処方内容や投与量、投与速度、配合変化等の確認

調剤業務
入院・外来患者の服薬の処方内容の確認・調剤、窓口での患者対応、指導記録作成など

退勤後、勉強会への参加など

卒業後からの経歴

2017年
入都
病院経営本部 都立墨東病院 薬剤科
調剤、服薬指導、病棟業務、抗がん薬ミキシング、夜間休日業務